2006年11月23日

美しさとは儚さであるか

今日が!今日という日がやってまいりましたよ!

宝塚歌劇団花組が地元で公演してくれるですよ!!
友達が会社のコネだかでチケットがとれ、見に行くことができましたー!
謝謝ー!

高校時代から宝塚はなんとなくあこがれてたけど
特にそこまで熱狂することはなく。
一生のうち1回は見に行きたいなぁ程度に思ってたんだけども。

演目は「うたかたの恋」20年も上演されてる題目らしいですよ。
200611231312000.jpg
男役トップは岡山人には顔なじみの春野寿美礼さん
娘役トップは岡山出身の桜乃彩音さん
なにこの岡山にゆかりのある人たちはwwwwセンキュウウウ
つーかまじヤベスすみれさんカッコヨスやばす
娘役の皆様方の衣装マジ萌えーーー。
くるってしたらスカートがふわってなるの萌えーー!!!
もうそれだけでも眼福でした。
それにね、もうね。優雅。美しいにもほどがある。
それにところどころに笑い所もあり、予想を遙かに超える面白さでした。
さすがは伝統あるエンターテイメント。並じゃないなぁ。
第2幕もこれぞヅカー!って感じでゴージャスでとってもよかった。
トップの人たちが背負う羽ははんぱねえよ(*´д`*)パッション!!

そのほかビビったのが、客はもう女、女!
男はつきそいで着てるっぽい人が数人でした。
なにこのリリアン女学園。
でも年齢層にはすんごい幅があって、
子供は自発的にきてないだろうから除くとして、
18歳〜80歳くらい。ヅカストライクゾーンヒロォォォス。
でもなんとなくわかるよ。おばさんになっても女は乙女なんだよ。

ただ、今回私の隣の席が子供で、公演中ずっといごいごヒソヒソ・・・。
お願い、、萎えるから・・・萎えるから・・・・。
3時間も公演あるんだから子供は耐えられるわけないってわかりきってるのに
なんで連れてくるのかなぁ。
お母さんも最初の方は子供に注意してたけど
クライマックス近くになると野鳥の会になってたしな。
お子さんが私を蹴ってますけどぉぉー。
ほんとに私はこういったことにはツイてない。

でもそれを差し引いてもとってもすばらしい舞台でした。
機会があったらまたぜひ見に行きたいと!

でも今の第一目標は来年の嵐の夏コンのチケットを取ること!!!
がんばる超!!

腐女子・キモオタ・2ちゃんねら・ジャニオタ・ヅカオタか!!
さらに超進化しちまったなあオイ!どこへ行くのだ私よ(σ´_σ`)σ
posted by リノム at 21:55| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
宝塚って本当に凄い人気だよね。
男だけど1度は見てみたいとわ思ってる。
後、公演時のトップは地元優先とか聞いたことあるよ。
Posted by 師匠 at 2006年11月25日 00:05
総二朗はヨのゆかり公演するつもりだった。
それにヨと宝塚にヨは萌へ公演するはずだったみたい。
でもヨはば謝するはずだったみたい。
ただ岡山へお願いしなかった?
Posted by BlogPetの総二朗 at 2006年12月15日 10:02
コメントありがとうー

いやぁやっぱりあのスケールは日本でも1,2を争うといわれてるだけあるよ。
男でも一軒の勝ちアリだと思うにゃり。
宝塚のトップは何年か周期で固定だけど、もしかして桜乃さんのおかげで岡山来てくれたんなら一生ついてくわw
Posted by リノム at 2006年12月26日 23:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。