2005年06月16日

シェリーは絵画の中の青い海を渡る

今日の朝方、とっても面白い夢を見ました。

なんだか私は知らない人とパーティーを組んでいて、下水道のような所を進んでいます。
ったら同じパーティーの女の子が突然現れた白いタキシードの男にナンパされます。
そのタキシード男はクリーム色で実態がない子悪魔みたいなのを連れてます。
タキ男の後ろから白いドレスを着た関西弁の無口な女の子が出てきます。
お察しした私が「結婚おめでとう」と言いましたら、
タキ男が「まだ婚約だっ」と言いました。どうでもいいけどはにかんだ笑顔が最高。
で、しばらく皆で雑談した後、
タキ男とドレス子は敵だということがわかったらしいです。
そこでウチのパーティの中で最強っぽい陰気そうな美少年が
いきなり二人と子悪魔を殴り飛ばします。
彼らはものすごい勢いで壁を突き破り吹っ飛んでいきました。
パーティーの誰かが、「軽く壁4枚はぶち破ったなぁ」といいましたが
私は夢の中ですらありえねぇ〜と思いました。
ドレス子はもう死んでいたのですがまだタキ男と子悪魔はなんとか生きてました。
タキ男が気絶している間に、その小悪魔がドレス子の魂を抜き取り、
それを白い座布団みたいなものにつめこみました。
この世界では何かの魂を媒体に閉じ込めてそれを操って戦う世界らしいです。
その子悪魔はタキ男の持つ媒体のようです。
で、私たちが緑の草原でキャンプを張っているところに
タキ男が子分をいっぱい連れて登場。どうやら復襲しに来たようです。
媒体の力の出力はレベル1からレベル9まであるようで
レベル9を使うとしばらく戦闘不能になるようです。

ウチのパーティー最強の陰気美少年はさっきレベル9を放ったことにより
まったく使い物にならず、ほかのメンバーもどんどんやられていきます。
リーダーっぽいおっさんが全員でレベル9を出せば倒せるかも、しかしその後何かあったら全滅だとかすごい考えてます。
その間にも媒体となったドレス子(でかい白い壁にキモイ顔がついてます。)が大声で歌い続けています。
そこに女の子が「私がレベル5」で行きます!と言って突撃しました。
彼女の媒体は和太鼓のようで、「ドーンドーンドンドンドン」というリズムを
たたき続けています。私にはどんな攻撃だかさっぱりわかりません。
しかし敵の攻撃が弱くなっていきます。
そこで何かをひらめいた私、だんだん疲れている太鼓少女。
「次、私いきます!レベル8でっ」レベル9で行かないあたりが果てしなく私ですね。
私の媒体は薄っぺらい白くデカイ紙。芸術家の魂が宿っていて
きれいな絵がいろいろ写るといった超無意味なものらしいです。ッハ
とりあえず、子分の一人とサシで戦うことに。
媒介ドレス子が歌い続けていることにより敵の子分達が元気なのだろうと
思った私は、自分の媒体は一切つかわず「どーんどーんどんどんどん」と
大声を張り上げます。
はじめは、「フッ気でも狂ったか」と馬鹿にしていた敵の子分ですが
どうも私の声に動揺して自分の媒体をうまく使えない模様。
そうか!と気づいたパーティーメンバーが全員で
どーんどーんどんどんどん。と大合唱…。あわてる敵…。

な感じで目が覚めました。長ッ!!!
いやぁすごく楽しかったのよ。久しぶりに楽しい夢みちゃったよと、
書き留めてみたのでございます。読んだ人おつ〜
posted by リノム at 11:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 妄想・自己満足 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。